チャリティコンサート

2024年1月20日

今回で8回目となる「響チャリティコンサート」を開催しました。響のメンバーは音楽教室講師の皆様が主となり、ピアノ・エレクトーン・琴、マンドリン、様々な皆様で構成されています。私は歌が好きというだけですが、メンバーの一人として参加させていただき、司会と演奏(主としてボーカル)を担当します。最初に能登半島地震で亡くなられた方に黙とうを捧げ、幕を開けました。

 

このチャリティコンサートの売上げは、これまで東日本大震災があった宮城県へ送ってきましたが、今回は石川県に送らせていただくということでご了承をいただき、被災地の皆様に心を寄せてコンサートを始めます、とお話しました。今回、自分は東部市民センターに設置されているスタンウェイのピアノが弾きたくて、弾き語りに挑戦したのです。毎日練習を重ね、なんとか目的は達成しましたが・・・

 

ゲストは2組。全国で活躍されいる琴奏者のお二人、そしてJポップからフォークソングまで幅広い曲目を演奏するバンドを迎え、お子さんから大人まで楽しめる曲目を披露しました。もちろん響のメンバーも練習した成果をそれぞれ発表し、会場が大いに盛り上がりました。お客様も非常にノリノリで、曲に合わせて自然に手拍子が出たり、音楽療法士によるリズム遊びも真剣に参加していただきました。

 

バンド演奏の後にアンコールの拍手もいただきましたが、演奏時間が限られているため「ごめんなさい」とプログラムを進めました。最後は、ピアノ・エレクトーン・琴とボーカルで「ユーミン特集(3曲)」を発表しました。1曲ずつ衣装もチェンジして、最後には手品で花を出すというびっくり企画でお届けしました。リハーサルでは大きな花のキャッチがうまくいきませんでしたが、本番はバッチリ!

 

コンサート終了後、出口で皆様をお見送りしました。チャリティ募金箱を用意させていただいたところ、多くの皆様からたくさんのご寄付を頂きました。心より感謝申し上げます。必ずその思いを北陸の皆様にお届けいたします。そして我々は被災地の皆様に思いを寄せ1日も早い復興を祈りながら、自分に与えられた環境で、目の前のことに一生懸命取り組み頑張っていきます。